記事はどんな人が書いてるの?

当社の記事やレポートは、全て研修をパスした専属のスタッフが作っているので、そこらのSOHO募集サイトから引っ張ってきたような素人ライターではありません。

 記事につきましては、記事作成サービスのブログ工房のライターが作成しております。

 ネットビジネスを熟知した人間がこのサービスの記事を担当しておりますので、安定した品質で結果の出るコンテンツの提供が可能になっております。

当社では、記事を書くことを生業とした、プロのプライドを持っているライターしか使いませんので、記事1つとっても「結果」が出るように配慮されています。

 例えば、こんな記事が配信されています。

■ いまや主婦もが参戦!検索数急上昇中【FX】

[FX 税金]

FX取引をして利益が出た場合の税金は雑所得として処理されます。

雑所得は年間給与所得が2000万円以下で、 かつ給与所得と退職所得以外の所得の合計額が20万円以下の場合を除き、確定申告が必要。他の所得と合算して税を計算。必要経費を差し引くことができる。他の雑所得と損益通算計算ができる。

雑所得全体でマイナスになっても、他の所得と通算することは出来ない。という扱いになります。

他の所得と合算して税を計算するということは、FXであまりにも利益がありすぎると、給料にかかる税率も高くなってしまうおそれがあります。

例えば、課税所得金額が450万円の人は、税率が20パーセントで90万円の税金になりますが、FXで300万円の利益があったとしたら、合計750万円で、税率30%となってしまい、135万円の税金になってしまいます。

FXでせっかく利益をあげても、税金でこれだけ取られると、トータルしてあまりプラスにならないようになりますので、注意ですね。

「くりっく365」でFX取引を行えば、申告分離課税をとるので、税率は一律20%になります。

FXでたくさん利益をあげたいときは、税金のことも考えておかないといけないですね。

【FX記事の一口メモ】

Fxや株は「口座開設」という非常に稼ぎやすい広告があります。口座開設は無料ですから、申し込むのに抵抗がないんですね。報酬単価も高いので非常に良いです。

稼ぎ方としては例えば、 「FXで知っておかなければならない7つのルール」などといったレポートを用意して、
(作れなければ、再配布可の無料レポを利用)
このサイトか口座開設申し込みした方には、この特別レポートを差し上げます!などと書きます。

 メールフォームを設置して、口座申し込みした方に必要事項を記入させて自動返信するようにしておけば、いちいち特典を送る手間は省けますね。

また口座開設者のリストが取れますので、そのリストにFXノウハウをアフィリしても良いです。

P.S. 記事中のFXという語句を「外国為替証拠金取引」と置換して使っても良いでしょう。

■どこの駅前にでもある英語教室の数が
 需要の証拠です【英語】

[英語1.]

航空券が飛躍的に安くなり、海外旅行がお金持ちの旅行という概念から誰でも気軽にできる旅行になってきました。

ハワイなんて5万円も出せば行けますよね。ヨーロッパだって航空券が10万円強と手が届かない額ではないです。

そんな簡単に海外旅行へ行けるのに、一番の問題は英語です。

日本でも英語は比較的身近な語学となってきましたが、まだまだ障壁が高いのが現状です。

お金はあっても、英語が話せないから海外旅行へ行きたくないと思っている人は沢山いるでしょう。

飛行機に乗った瞬間から英語が当たり前のように使われ、まるで英語を話せないと旅行をしてはいけないなんて気分になってしまい、折角の旅行も楽しめなかったりします。

でも、そんな不安は心配ありません。 各旅行会社では日本人添乗員が同行するツアーが沢山企画されています。

英語が話せなくても、海外旅行へ行ったことが無くたって安心して海外旅行ができます。

日本を旅行するのと同じ感覚で、同じ日本人同士で海外旅行をすることができます。

しかも、個人旅行ではバスや電車を手配したりと何かと面倒ですが、ツアーなら何もしなくても効率良く観光名所を廻ることができます。

英語ができなくたって海外旅行を満喫することはできますよ。

[英語2.]

日本では数多くの英語が使われています。最近では日本語表現よりもむしろ、英語の方がよく使われる表現も数多くあります。

しかし、何気なく使っている英語ですが実は英語では通じない表現を使っている場合もあります。

日本で使われる英語に和製英語と呼ばれる物があります。

英語の単語を組み合わせるだけで、本来英語で表現されることが 無い表現を作っているのがこの和製英語です。

英語風に聞こえますが、これは日本でしか通用しません。

身近な物で和製英語の例をあげるとオートバイ。

これは英語表現でモーターサイクルです。

ジーパンもジーンズですし、RVだってキャンピングカーです。

私も以前この和製英語で恥ずかしい思いをしたことがあります。

カナダに行った際のことですが、あまりに暑いのでノースリーブのTシャツを探していました。

店員さんに「ランニングシャツ何処ですか?」と聞いたのですが、全く理解されませんでした。

おそらく、ランニングシャツの意味は「走るシャツ」。

私は走るシャツを必死に探していたのです。

これも和製英語です。

勿論、当時は和製英語とは知らず、ひたすら店員にランニングシャツを要求していました。

日本で使われている和製英語は思ったよりも多いです。何気なく英語だと使っている表現でも海外で全く通用しない単語がありますので十分注意する必要があります。

【英語記事の一口メモ】

英語は稼ぎ方が色々あります。普通にアドセンスや英語教材販売でも良いですが、例えばサンプル1の「海外旅行に英語は必須か」の記事。

これを読む人は英語が喋れるようになりたいというよりは、海外に行きたいと思ってますよね。

この記事のあとに、「海外旅行へタダで行く方法があるのをご存知ですか?」と情報商材のアフィリリンクでも入れておいたらどうでしょう(笑)

怪しい・・と思いながらもちょっと気になってしまいますよね。
英語のサイトでも、旅行のサイトでも使える記事です。

サンプル2の記事、「和製英語にご用心」であれば、「受験生必見、よくある英語の間違い」というタイトルにすれば、受験生向け記事になります。

が…

「海外で恥をかく間違った英語」にすると、海外旅行を行く人向けの記事になります。

タイトルのつけ方や、誰に向けて(受験生、英語を学びたい社会人、海外旅行者など)かを変えるだけで、いくらでも使いまわしが出来ます。

 

■ブランド人気は未だ衰えず!【ブランド】

[セシルマクビー]

セシルマクビーはファッション界では若い女性から圧倒的な支持を受けている渋谷系ブランドのリーディング的な存在の人気ブランドです。

セシルマクビーのイメージキャラクターには安良城紅を起用しています。

競争の激しいことで知られる渋谷のファッションビル109の中でセシルマクビーは2000年から6年連続で、売り上げトップを記録して安定した人気を誇っています。

セシルマクビーブランドコンセプトは大人っぽさの中にエレガント、カジュアル、グラマラスなど様々なトレンド要素をミックスし、常に「女らしさ」を忘れない服を提案します」というのが「CECIL McBEE(セシルマクビー)」のコンセプトです。

10代後半から20代前半の流行に敏感な女性を、セシルマクビーは顧客ターゲットとして掲げていますが実際の購買層は中学生や高校生が多いようです。

デザインの傾向としては全体的に細めでタイトなものが多く、俗にお姉系ブランド、ギャル系 ブランドと言われており、芸能人では浜崎あゆみや松本莉緒が愛用していることでも知られています。

セシルマクビーで購入商品を入れてくれる持ち帰り用の袋は人気が高く、商品を購入すれば 本来は無料で手に入るが、オークションや個人売買でも取引されています。

 【ブランド記事の一口メモ】

ブランド物の物販はアフィリでも人気がありますが、この記事は、「売る」為の記事ではありません。
この記事を広告と一緒に入れたところで売れません。

ではなぜ、このような記事が必要なのか?

それは、アクセスを稼ぐ為です。サンプル記事をよく見て下さい。

まず、安良城紅・浜崎あゆみ・松本莉緒 と芸能人の名前が入っていますね。

彼女らの名前を入れなくても、「セシルマクビー」というブランドの説明は問題なく出来ます。

そこにあえて名前を入れるのは、検索ワードを幅広く構えて、少しでもアクセスアップを狙うからに他なりません。

例えば、「安良城 私服 スカート」という検索があった場合、セシルマクビーだけの説明だけしかしていなければ、検索にはひっかかってきません。

そこに芸能人の名前を入れることで、思わぬキーワードでのアクセスを狙うわけです。

同じように、「エレガント、カジュアル、グラマラス」というジャンル、「お姉系ブランド、ギャル系」という系統、「109」という場所。

すべて、「セシルマクビー」に関連してくるキーワードだから入れています。

こういったキーワードをちりばめておくと、「カジュアル ギャル系 ワンピース」という検索に対してもひっかかってくるわけですね。

「セシルマクビー」という語句を繰り返し使えばSEO対策記事というわけではありません。

関連キーワードや、予期せぬキーワードでの検索もひっぱってくるのが、SEO対策記事です。

「CECIL McBEE」 と、わざわざ英語表記を記事中に入れているのも同じ理由です。

「CECIL McBEE」と検索する人も居るので、あえてこういった語句も記事に入れます。

売る為、クリックさせる為、だけが記事ではありません。
アクセスをより多く呼び込む為の記事というのもあるのです。

ただ広告を羅列しただけのページと、広告+この記事をいれたページ。どちらにより多くのアクセスが来るかは言うまでもありません。

P.S. 安良城紅・松本莉緒・CECIL McBEE 、この3つに共通する事、それは・・。

必ず間違える人が居るということ(笑)

安良城紅→荒城紅
松本莉緒→松本利緒
CECIL McBEE→CECIL MacBEE

など、難しい漢字、長い言葉は間違った言葉で検索する人が必ず居ます。

あえて間違った言葉で記事を作って、間違った言葉で検索してきた人を狙うのもアリです。

いかがでしょうか?

ただ単に「記事」といっても、単純にアドセンス用に使うだけのものではないのです。

使い方によって、 SEO対策になり、アクセスアップになり、成約率がアップする。それが記事です。

 

TOPへ戻る

MENU

ジャンル別 記事一覧

ジャンル別 レポート一覧

記事はどんな人が書いてるの?

記事を使って稼がれている方の声

レポートは誰が書いているの?

レポートを使ってどうやって稼いだらいいの?

レポートを使って稼がれている方の声

お申込みページ

注意事項

特商法表記

プライバシーポリシー

TOP